宮前区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 医師(宮前区)―

田中 達朗 院長/宮前平整形外科クリニック(宮前平駅・整形外科)の院長紹介ページ

田中 達朗 院長

TATSUAKI TANAKA

わかりやすく丁寧な説明を心がけ
大学病院レベルの診療を提供する

聖マリアンナ医科大学を卒業後、整形外科を専門に研鑽を積む。大学病院や関連病院で培った経験をもって、「宮前平駅」そばに開業。

田中 達朗 院長

田中 達朗 院長

宮前平整形外科クリニック

宮前区/小台/宮前平駅

  • ●整形外科

スポーツ少年が医師になり、整形外科を専門に研鑽を積む

田中 達朗 院長

子供のころからスポーツやっていて病院と言えば整形外科ばかり世話になっていました。ですから、医学部に入学していく中で専門家として整形外科を選択したのは自然な決断でした。
大学を卒業後、母校である聖マリアンナ医科大学整形外科に入局し、本院をはじめいくつかの関連病院で勤務させていただきました。大学からの出向という形ですと、数年で移動といことも多くなります。ですからせっかく患者さんと馴染んできたとこで、「次に・・・」となっていました。継続して患者さんを見ていける場所をと考えていたところ、学生時代から馴染みのあるこの場所にお話をいただき開業するに至りました。

患者さんの通いやすさに配慮して、平日夜7時まで診療

田中 達朗 院長

整形外科なのでやはり高齢者の腰やひざの痛みが多いですね。あとは場所がらか、お子さんの割合は思ったよりも多い気がします。お仕事や学校帰りの方にも対応できるように、夜19:00までやっていますので、ギリギリでも気にせず受診していただければと思います。

患者さんの理解を深めるため、丁寧に言葉を尽くす

田中 達朗 院長

当たり前のことかもしれませんが、出来るだけきちんと説明をした上で治療をしていきたいですね。一つの病状に対して治療法がひとつとは限りません。もちろん選択の余地がない場合もありますが、いくつかの選択ができる場合もあります。その中から患者さん一人一人の状況に合わせて、一緒に選んでいきればと考えています。
整形外科に特有な分野として、リハビリテーションがあります。その効果を高めるためには、ある程度の患者さんのご理解というものが必要になってきます。今の自分の状況はどうで、なぜこの治療が必要なのか。目的意識をしっかりと持っていただけるよう、根気づよく丁寧な説明をおこなっていきたいと考えています。

最先端の医療機器を導入し、骨粗しょう症の診断・治療にも尽力

『宮前平整形外科クリニック』では、より正確な骨密度を測定可能なDXA機器を導入しています。これは、骨密度測定で重要視される腰椎・大腿骨・前腕からの測定を可能にするもので、患者さんの負担も軽いものです。
高齢化社会が今後ますます進んでいく中で、骨粗しょう症へのケアは非常に重要になってきます。私の勤務医時代、怪我で最も多かったのが、腰椎の圧迫骨折や、転倒して大腿骨を折った等、骨粗しょう症の絡むものでした。ある年齢以上で大腿骨を骨折しますと、寝たきりになる可能性が高くなるともいわれています。そうでなくとも、歩行能力や移動能力といったADLがガクンと落ちる傾向も高いのです。
この病気自体、「どこかが痛い」ということはあまりみられません。しかし、将来を考えたとき、最もケアしなければならない疾患であることは今申し上げた通りです。50代後半から60代に差し掛かる世代で、特に女性の方は、定期的に骨密度を測定し、予防に努めていかれることをおすすめします。

これから受診される患者さんへ

腰痛や肩こり、手足のしびれ、等々。心配な症状がありましたら、まずはお気軽にご相談いただければと思います。同じ腰痛であっても、症状は1つとして同じものはありません。加えて、生活スタイルはその人それぞれ。『宮前平整形外科クリニック』では、おひとりおひとりの状況に合わせて治療方針をご提案させていただきます。不安なことが何かありましたら、お気軽に足を運んでいただきたいですね。

※上記記事は2014年10月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

田中 達朗 院長 MEMO

  • 出身地:神奈川県
  • 趣味・特技:スポーツ(草野球など)
  • 好きな本:小説(ミステリーなど)
  • 好きな場所・観光地:ハワイ・沖縄

グラフで見る『田中 達朗 院長』のタイプ

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート