宮前区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 医師(宮前区)―

菅野 雅彦 院長/宮前平すがのクリニック(宮前平駅・内科)の院長紹介ページ

菅野 雅彦 院長

SUGANO MASAHIKO

「苦しくない内視鏡検査」を中心に
患者さんの体と心の健康をサポート

順天堂大学医学部を卒業後、消化器外科を専門に、大学病院で診療を続ける。25年あまりにわたって経験を重ねるほか、アメリカ留学を経験。豊富な知識と経験をもって、「宮前平駅」そばに開業。

菅野 雅彦 院長

菅野 雅彦 院長

宮前平すがのクリニック

宮前区/小台/宮前平駅

  • ●内科
  • ●消化器内科
  • ●外科
  • ●心療内科
  • ●精神科

治療を「される側」から「する側」になり、消化器外科を専門に

菅野 雅彦 院長

私は、小さな頃から毎週のように皮膚科に通っていて、将来は自分が治す側になりたいと考えていました。父が歯科医師だったこともあって、いずれは自分もと思っていたのですが、ひと足先に兄が歯学部に進んだことで、「歯医者は2人もいらない」と言われてしまいまして(笑)。幸い医学部からも合格をいただくことができ、こうして医師になったという感じでしょうか。私にとって外科は何でも治せるようなイメージがありましたし、タフな生活の中でもやりがいを感じ、大学病院にて四半世紀、消化器外科を専門に研鑽を積みました。この間にはアメリカへの留学を経験し、がん治療専門病院にて免疫療法などを研究していた時期もありました。専門医制度が確立したアメリカの医療に触れ、消化器専門医、内視鏡専門医など、私自身も積極的に専門医を取得しましたが、そうした資格がすこしでも患者さんの安心感につながればと思っています。

大学病院での経験をいかし、地域の中で質の高い医療を提供

菅野 雅彦 院長

大学病院では、准教授として胃がん、大腸がんをはじめとした消化器がんの手術を手がけるほか、内視鏡検査によって病気の早期発見に尽力してきました。そして、これまでに培った知識や経験を地域医療に役立てたいという考えから、『宮前平すがのクリニック』を開設しました。当クリニックでは、風邪をはじめ内科全般に対応するプリマリーケア(初期診療)、患者さんのご負担に配慮した無痛内視鏡(胃カメラ・大腸カメラ)などの専門治療、各種健康診断・予防接種などによって、地域の皆様の健康をサポートしています。誠実に(Sincerely)・迅速に(Speedy)・的確に(Smart)・患者さんの満足のために(Satisfaction)という「4つのS」をモットーにして。地域の皆様の「かかりつけ医」として、患者さん1人1人に寄り添いながら日々の診療にあたっています。

高いスキルと最新機器による「苦しくない検査」

菅野 雅彦 院長

私はこれまで数多くの手術を経験してきましたが、だからこそ、悪くなった部分を切って治すのではなく、定期的な検査によって病気を早期に発見するような「予防」の大切さを痛感しました。大学病院を受診するのは1日がかり、手術をしてもらうのは数か月待ち、などはよく言われることですが、地域の皆様の身近な場所で大学病院レベルの医療をご提供できるという点は、『宮前平すがのクリニック』ならでは利点と自負しております。内視鏡検査の機器類は最新の高性能な機種を導入し、これまでに磨いたスキルをもって患者さんのご負担に配慮した検査を行っています。ご希望に応じ鎮静剤を使用するなどして、「苦しくない検査」を心がけておりますので、どうか安心してお任せ下さい。

体と心の健康をトータルにサポート

人は、体も心も健康であって、はじめて、本当に健康だと言えます。クリニック名に「おなかとこころの」と添えてあるのもそうした考えからで、消化器をはじめとした体の不調は院長である私が、心の不調については週に2日、メンタル担当の医師が診療をいたします。メンタル担当医は、大学病院時代は思春期外来を担当し、長年~今現在も働く人のメンタルヘルスに従事し、経験豊富です。プライベートでは私の妻なのですが(笑)、子ども3人育てており、女性患者さんからも安心感があると言って頂いております。また、ここで働くスタッフたちにも、患者さんには丁寧かつ親身に接するよう指導しております。

これから受診される患者さんへ

『宮前平すがのクリニック』は、東急田園都市線「宮前平駅」から徒歩1分の医療モール内3階で診療を行っています。私が無痛内視鏡検査にこだわるのは、患者さんが自らすすんで受けてくださるような、苦痛のない検査にしたいという思いからです。近年、がんを発症する患者さんが低年齢化してきて、40歳代の患者さんも珍しくなくなりました。一般的に胃カメラであれば年に1度、大腸カメラであれば2~3年に一度を目安に、積極的に検査を受けていただきたいと思います。

※上記記事は2017年1月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

菅野 雅彦 院長 MEMO

  • 出身地:山形県
  • 趣味・特技:スキー
  • 好きな本:山際淳司「江夏の21球」
  • 好きな音楽:ジャズ、フュージョン
  • 好きな場所・観光地:ストックブリッジ(ノーマンロックウェル美術館)

グラフで見る『菅野 雅彦 院長』のタイプ

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート