宮前区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 歯科医師(宮前区)―

金安 秀樹 院長/かねやす歯科医院(鷺沼駅・歯科)の院長紹介ページ

金安 秀樹 院長

HIDEKI KANEYASU

インプラントを中心にした歯科医療を通して
患者さんを一生診ていく

日本大学新潟歯学部を卒業後、埼玉県内の歯科医院で経験を重ねる。インプラント治療を中心に10年にわたって研鑽を積み、「鷺沼駅」そばに開業。

金安 秀樹 院長

金安 秀樹 院長

かねやす歯科医院

宮前区/鷺沼/鷺沼駅

  • ●歯科
  • ●矯正歯科
  • ●小児歯科
  • ●歯科口腔外科

自分が責任をもって一生診る、そんな想いから開業を決める

金安 秀樹 院長

幼少の頃、もう本当に虫歯が多く頻繁に歯医者さんのお世話になっていました(笑)。
その病院の先生が歯の大切さについて熱心に私に語ってくれたんです。幼心に『先生のようになりたい』。自然にそう思うようになりました。

新潟にある日本歯科大学を卒業したのですが、進路を決める際は非常に悩みました。
当時、大学に残り予防歯科に進む道と、埼玉にあるインプラントの専門病院で学ぶ道。2つの選択肢がありました。最終的に埼玉の波多野先生のもとでお世話になる事に決めたのですが、この選択は今でも正しかったと思っています。現在では予防歯科を考える上でもインプラントの知識が不可欠なものになってきていますからね。
波多野先生のもとで10年間、みっちりとインプラントについて学ぶことが出来ました。今の私の財産と言えると思います。

この地に開院したのは2009年の11月のことになります。今まで大きな病院の勤務医として勤めていた頃は、仕方のないことなんですが、患者さんと最初にお会いしてメンテナンスに至るまで、どうしてもひとりの患者さんを最初から最後まで診ることが出来ませんでした。

自分が責任を持ってその方を一生診てあげることが出来る。それが開院した大きな理由となります。

安全性が高く、患者さんのメリットが大きい「インプラント治療」とは

金安 秀樹 院長

あくまで基本にあるのがベーシックなもの。切開して、開いて、骨のあるところを目で確認して…これが出来るというのが前提になります。その上での最先端の技術ということになります。

当院で使用していますのがノーベルバイオケア社のものです。ノーベルガイドと呼ばれるCTを読み込むソフトを使用し、何処にどういう具合で打てば安全なのか。手術の前に確認をし、手術の設計をすることが可能となります。
ピンポイントに直接処置を施すことが可能ですのでそもそも切開の必要がありません。身体へのダメージを最小限に押さえることが出来ますので、手術後の腫れや痛みも殆どありません。
また手術前の設計を元に技工士にあらかじめ上もの、歯を作っておいてもらうことが出来ます。インプラントを打ったすぐ後に歯を入れることが可能となります。
患者さんの苦労、歯のない時間を出来るだけ少なく出来るというのはいままでのインプラント治療にないメリットだと思っています。

カウンセリングを重視して、その方にとってベストな治療法を見つけていく

金安 秀樹 院長

どうやって歯を失ったのか。歯周病なのか、噛み合わせなのか、それとも別の要因によるものなのか。その原因がわからならければインプラントを入れたとしてもまた同じことになってしまう可能性があります。
患者さんのご希望に応じ、しっかり治したいんだという方には歯を失った原因についてあらゆる角度から検討してその結果を共有していきたいと考えています。

私は短時間、30分単位や15分単位でという診療が出来ないんです。やはりしっかり説明をして丁寧な治療をおこなうためには最低1時間は必要だと思っています。
もっと効率的なやり方があるのかもしれませんが、自分のいままでやってきた方法に基づいて納得のゆく診療を心掛けていきたい思っております。

患者さんの喜びを自分のものとして、日々の診療にあたる

患者さんに「スタッフがいいね。先生、スタッフに恵まれたわね」と仰っていただけることがあって、それは本当に有り難いと思いました。
病院を盛り上げていく為にみんな一生懸命やってくれているので、そこを患者さんにお褒めいただくのはすごく嬉しいことです。
私自身、治療の終わった後に「先生、しっかり噛めていいよ」と仰っていただけると非常に嬉しく思います。患者さんの言葉、笑顔が私どもの一番のモチベーションとなっています。

これから受診される患者さんへ

インプラントは歯を失った方にとってはいい治療法ですが、本当の一番は最後まで自分自身の歯で噛めることです。それに勝るものはありません。
歯の予防に関して歯ブラシだけでは不足です。ある程度の年齢になれば歯は一本一本が動くようになります。段々、歯と歯の接触部分が触れ合うようになる。点が面になっていく。そこをキレイにするのにはブラッシングだけでは不十分です。フロスや歯間ブラシを使用することが必要になってきます。

その場その場。痛いところだけ治してという治療は絶対に駄目だと思っております。症状の完全な改善を目標とした治療を患者さんと一緒になってすすめてまいりたいと考えております。
地域の皆様の歯に関する終生のかかりつけ医となれるよう努力をしてまいりたいと考えております。

※上記記事は2010年9月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

金安 秀樹 院長 MEMO

  • 出身地:神奈川県
  • 趣味・特技:ゴルフ、読書
  • 好きな本:ビジネス書
  • 好きな映画:今を生きる
  • 好きな言葉・座右の銘:利他の心
  • 好きな音楽・アーティスト:サザンオールスターズ
  • 好きな場所・観光地:湘南、鎌倉

グラフで見る『金安 秀樹 院長』のタイプ

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート