宮前区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 歯科医師(宮前区)―

林 茂雄 院長/宮前平歯科林クリニック(宮前平駅・歯科)の院長紹介ページ

林 茂雄 院長

HAYASHI SHIGEO

わかりやすい説明と丁寧な治療によって
「ここに来てよかった」とご満足いただきたい

大学卒業後、大学院に進んで口腔病理学を学んで博士号を取得。都内の歯科クリニック勤務を経て、「宮前平駅」そばに開業。

林 茂雄 院長

林 茂雄 院長

宮前平歯科林クリニック

宮前区/小台/宮前平駅

  • ●歯科
  • ●小児歯科
  • ●矯正歯科
  • ●歯科口腔外科

姉の背中を追って歯科医師になり、駅チカのメディカルモールに開業

林 茂雄 院長

6歳上の姉が歯科医で、その影響が大きかったのだと思います。歳が近いと反発することもあるようですが、年齢が少し離れた姉との仲は良好で、尊敬する存在でした。姉から伝え聞いた通り、歯科医師には患者さんの全身の健康を守る責任があることを日々実感しています。 もうひとつのきっかけは、実家の家業が自営業の洋装店だったことです。「手に職を」という両親の口癖は常に頭の中にありました。そんなことから、「自分で何か事業を興さなくてはならない」という意識は幼ない頃に備わったのだと思います。姉の影響で医療に興味を持つようになりましたので、開業するなら医師か歯科医だと心に決めていました。

大学卒業後は大学院に進み、クリニックで非常勤のアルバイトをしながら口腔病理学研究室で学び、博士号を取得しました。その後は東京のクリニックで3-4年常勤で働き、ここ宮前平に開業しました。子育て環境に恵まれ、さまざまな層の方がお住まいになっている田園都市線沿線地域は、以前からあこがれだったのです。地域医療を実現するには最適の場所と考えておりました。

またこのエリアにはメディカルモールが多いことも魅力でした。さまざまな領域のクリニックが一か所に集結していれば、便利ですよね。例えば歯を治しにいらしたついでに、隣のクリニックで腰の治療が受けられれば、いちいち移動せずに済みます。わたしも患者さんのお困りの内容に応じてモール内のクリニックをご案内できますので、より患者さんの手助けができるのではと考えています。

患者さんの満足を第一に考え、「家族に紹介したくなる」診療を心がける

林 茂雄 院長

ホームページには「家族に紹介したくなる診療をする」をコンセプトに掲げさせていただいています。患者さんが治療にご納得し満足してお帰りいただいた後、ご自身の家族や親せきにお伝えいただき、結果的にご身内の方が当院の扉を叩いてくだされば、これほどうれしいことはありません。

もうひとつは、それぞれの専門の先生と連携し、患者さんの症状に応じて適切なところにご紹介することです。大学院では口腔がんについて学びましたが、開業後のわたしの領域は一般歯科で、地域のホームドクターとしてみなさまのお口の健康を守ることを第一に考えています。当院には優秀な矯正の専門医がいますが、ほかの領域につきましては近隣のクリニックの先生方と医療連携を進めています。

患者さんと歯科医師をつなぐ、「お口の健康手帳」とは

林 茂雄 院長

処方せんの薬局では、薬の名前や使用法などを記録する「お薬手帳」を患者さんにお渡ししていますよね。わたしはそれと同じコンセプトのものを作ろうと考えました。いつも初診の際に1時間ほどお取りしてお話をお聞きし診療計画を立てますが、その際単に口頭で説明するだけではなくきちんとドキュメントとして記録し、お渡ししています。患者さんの中には、現在の歯の健康状態や治療方針を次回ご来院の前に頭に入れておいてくださる方が多いので、治療がスムースに進みます。理解をより深めていただくために、CCDカメラで口腔内を撮影し治療前と治療後でお口の中がどのように変わったのかを映像に残すこともあります。

子供たち1人1人のペースにあわせて、健やかな成長を見守っていく

とにかくクリニックに慣れていただくことから始めさせていただいています。待合室の隣にはキッズルームをご用意し、お待ちになっている間もリラックスしていただけるようにしています。そして診察室にお入りいただいた後は、お子さんと目線を合わせてあいさつし、まずはわたしのことをきちんと知っていただくようにしています。わたしの人となりを把握する前にいきなり押さえつけて治療すれば、当然次回からは来院を嫌がりますよね。他院と比べて通う回数は多くなるかもしれませんが、実際の治療に入るまでにお子さんと向き合う時間を、できるだけ長くお取りしています。

実際の診療に入ってからは、「なぜ歯医者に来ることになったのか」、そして「このまま治療しないとどうなってしまうか」を年齢に関係なく根気よく説明しています。1-2歳のお子さんにはやはり説明は無理ですが、3-4歳になってくると、一生懸命理解しようと頑張るようになります。特に歯が痛くていらしている場合は、一刻も早く楽になりたいものですからね。

ただお子さんの性格はそれぞれ異なりますから、お話して糸口をつかみながらひとりひとりに応じた治療方針をご提供しています。

これから受診される患者さんへ

まずは時間をしっかり取り、親身になってお話をお聞きすることです。当院では初診の際は1時間お取りするようにしています。そして先ほどもお話ししました通り、「お口の健康手帳」をお渡しして診療の内容をしっかり頭に入れていただくようにしています。

また、わたしには当たり前のことでも、患者さんには知らないことがたくさんあります。常に「患者さんは知らない」ことを前提として、何度もわかりやすく説明します。ただ最近はインターネットでしっかり勉強してからお見えになる方もいらして、「くどい」とお感じになるかもしれませんね(笑)。

今後は地域のみなさまには、「ここに来てよかった」と思っていただけるよう、日々研鑽を重ねてまいりたい所存です。以前先輩からは、「患者さんがお身内を連れて見えるようになったら一人前だぞ」と言われたことがありました。やはり患者さんから絶大な信頼を得ることがホームドクターの使命です。

※上記記事は2017年2月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

林 茂雄 院長 MEMO

  • 出身地:横浜市
  • 趣味・特技:映画、スポーツ鑑賞
  • 好きな映画: しあわせの隠れ場所
  • 好きな音楽:洋楽全般
  • 好きな場所・観光地:HAWAI、海

グラフで見る『林 茂雄 院長』のタイプ

エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート