宮前区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(宮前区)―

中村 和雄 院長/中村ファミリー歯科(鷺沼駅・歯科)の院長紹介ページ

中村 和雄 院長

NAKAMURA KAZUO

ファミリー世帯が多い地域だからこそ
子育て世代にもやさしい歯科医療を提供する

大学卒業後、補綴学を専門に研鑽を積む。大学病院や地域の中の歯科クリニックで経験を重ね、宮前区東有馬に開業。

中村 和雄 院長

中村 和雄 院長

中村ファミリー歯科

宮前区/東有馬/鷺沼駅

  • ●歯科
  • ●小児歯科
  • ●歯科口腔外科

祖父や父に続いて歯科医師になり、通いやすい歯科医院をめざす

中村 和雄 院長

父、祖父ともに歯科医師で、家とクリニックが連結されている「職住接近」の環境で育ちました。幼いころから二人の背中を見て育ちましたので、自然と医療系に進むことは考えていました。二人と同じ歯科に進んだ理由は、やはり口が人間の生命を維持する上で大切な機能だと思ったためです。そしてその機能をできるだけ永く持たせるために、大学では入れ歯や詰め物についてより深く学ぶ補綴学を専攻しました。すでに高齢化が進んでいたため、開業する以上噛む機能をできるだけ永く持続させるための補綴学は大切なテーマだと感じていました。卒業後も母校の医局でこのテーマに取り組んでまいりました。

医局に属しながらさまざまなクリニックで研鑽を重ねておりましたころ、ベテラン開業医の先輩から分院を任せられる医師を探していると聞き、二つ返事で引き受けました。かねてから川崎市宮前区、ならびに隣接する横浜市都筑区、青葉区には子育て世代のファミリー層が数多く住まわれていると聞いていたためです。その後その先生と話し合った結果、独立したクリニックとして開業させていただく運びとなりました。

修業時代はよく、重症化させて来院される患者さんにお会いしました。そのような患者さんの多くは、恐怖心が理由で歯科医院から遠ざかり、結果的には症状を悪化させてしまった方々です。自分が開業する際は、できるだけ恐れや苦痛を取り除いた診療をしたいと考えてきました。現在もより足を運びやすいクリニックについて、日夜考え続けています。

丁寧な説明を心がけ、「予防治療」の大切さを伝えていく

中村 和雄 院長

やはり来院が遅れて重症化し、治療が大変になってしまう患者さんをどうにかしたいと考えてきました。ですので、患者さんには「予防治療」の大切さを理解していただけるよう、丁寧な説明をしています。症状が進むと麻酔が効きにくくなり、さらに治療から遠ざかるという「負のスパイラル」に陥ってしまいます。なるべく定期的にチェックに来ていただければ、虫歯があっても軽症で済みますので麻酔を使わずに済む場合もあります。麻酔注射も無痛を心がけていますが、やはり注射器を見るだけで身体がこわばってしまう患者さんは多いです。使わずに済むのであれば、それに越したことはありません。

子育て世代にやさしい環境を整え、治療を頑張った子にはご褒美も

中村 和雄 院長

当院のホームページでもご紹介させていただいておりますが、院長のわたし、矯正歯科医、そしてスタッフが子育てを経験しています。ですので、幼いお子さんを連れてお見えになっても安心してお任せいただけると思います。よく「子どもが1歳だから、預かってくれる人がいない限りなかなか病院には行けなくて…..」という話を耳にしますが、当院ではお子さんが安心してお待ちいただけるようお世話いたします。

またお子さんの治療につきましても、楽しみに来院されるようなサービスを考えてきました。治療器具を見るだけで泣き出してしまうお子さんや、家や保育園とは違う環境での違和感が恐怖心に変わってしまうお子さんなどがいらっしゃいますので、とにかく慣れていただくことから始めさせていただいています。一度でも無理やり治療をすれば、次回以降二度と来院されなくなってしまいます。

近年は薬剤もいろいろ進化してきています。治療の後は虫歯予防のためにフッ素を塗布させていただくのですが、当院で採用しているものにはグレープ、バナナ、ピーチ、アップル、ソーダ、レモンティー、いちご、ミントの8種類のフレーバーがあり、治療を頑張ったお子さんにメニュー表から選んでいただいています。先ほどまで泣いていたのに、味のするフッ素を塗った後はウキウキして帰られる子もいます。また受付ではくじ引きをしていて、おもちゃが当たります。歯医者を嫌がりお困りの親御様には是非ご相談いただきたいと思います。

子供の虫歯を予防するためにも、妊娠中から適切なケアを

妊婦さんの7割が歯周病にかかっているという報告があります。すでに何らかの歯周病を持っていらして、妊娠をきっかけにそれが悪化するということなのです。通常口内では歯と歯肉の間に歯肉溝浸出液が分泌されているのですが、そこに妊娠期特有の女性ホルモンが混ざります。この女性ホルモンが歯周病菌のエサになり活動しやすくなることが厄介なのです。

お腹がすくことが多くなり間食をしますと、口の中には常時食べかすが残りやすくなり、これが歯周病菌をさらに活発にして歯肉が腫れやすくなります。また深くなった歯周ポケットから菌が侵入します。

そこで妊娠中定期的に口の中のお掃除をして、歯周病を進ませないようお手入れをさせていただいています。虫歯の元になるミュータンス菌もお手入れで取り除けば、お子さんに移らせずに済みます。実は小児の場合、お口の中の汚れをすべて取り除ききれないことがあるのです。ミュータンス菌があると虫歯は一気に進みますが、無菌状態にする、あるいは菌をできるだけ少ない状態にしておけばお子さんの虫歯は防げます。

これから受診される患者さんへ

初診の患者さんの多くは、「前歯がしみる」などご自身が自覚している症状を治すことを目的に来院されます。しかし時には、歯科医師が拝見してさらに深刻な病変が見つかることがあります。そのような病変がすぐに自覚症状につながらなくても、将来的に重篤な症状に発展していくことも少なくありません。そこで、患者さんのメリット・デメリットを懇切丁寧にご説明し、できるだけご納得いただけるよう心がけています。患者さんの不快な症状を真っ先に取り除くことが重要課題ですが、放置すると重症化する病変の存在をどうご納得いただくか……ここが難しいところではあります。

地域の皆様には12年に渡りご愛顧いただき、感謝の念に堪えません。これからも研鑽を重ね、お子さんからお年寄りまでファミリーでご相談いただける歯科医師として努力してまいります。軽い健康チェックのつもりでもお立ち寄りいただければ幸いです。

※上記記事は2017年9月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

中村 和雄 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味・特技: 水泳、ゴルフ、サーフィン。付き合いで始めたサーフィンに、現在は完全にハマっています。
  • 好きな映画:韓国映画「ハーモニー 心をつなぐ歌」(2010年、CJ Entertainment Japan)
  • 好きな言葉・座右の銘: 患者さんとの出会いは一期一会。その気持ちで毎回診療に向き合っていきたいと思います。
  • 好きな音楽:娘と楽しみに観ているアニメ「プリパラ」のテーマソングが頭から離れません。
  • 好きな場所・観光地:海のあるところ。湘南海岸。早朝サーフィンに出かけたとき見える富士山は格別です。

グラフで見る『中村 和雄 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート