宮前区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 歯科医師(宮前区)―

西野 華子 院長/はなここども歯科クリニック(宮前平駅・小児歯科)の院長紹介ページ

西野 華子 院長

NISHINO HANAKO

「清潔・安全・安心」を徹底し
子どもたちのお口の健康を見守っていく

大学卒業後、小児歯科を専門に大学病院でスキルを磨く。7年にわたって経験を重ねた後、勤務医を経て開業。

西野 華子 院長

西野 華子 院長

はなここども歯科クリニック

宮前区/犬蔵/宮前平駅

  • ●小児歯科
  • ●矯正歯科
  • ●歯科

小児歯科の専門医として、地域のみなさまのお役に立ちたい

西野 華子 院長

もともとが文系で、文系の大学に進み就職活動で内定をいただく段階までに到ったのですが、そこで「何か違うかもしれない・・・」と考えたのがこの道へ進む端緒となりました。
私の父は元産婦人科医で、子供の頃から私はずっとその父の姿を見て育ちました。将来を考え、ふと立ち止まってみた時に父の姿が頭に浮かんだんです。そこで自分に向いているのは医療の道ではないかと考えたんです。
その時、学士入学の制度があることを知り、鶴見大学の歯学部をに編入学しました。

大学卒業後は大学病院に勤務しました。最初の2年は研修医として、その後の5年間は助手(現:助教)として大学病院で7年あまりを過ごしました。その勤務医時代に小児歯科認定医の資格を取得し、その後小児歯科専門医のになりました。
小児歯科を専門としたのにはまず第一に子供が好きだからということがあります。それに加え、例えば口腔外科や矯正歯科に代表されるような一分野に限ることなく、全般的な治療をすることが出来るということが小児歯科を志す大きな理由となりました。
大学病院を経たのち、自らのクリニックを開院するまでは開業医の先生のもとで勤務しました。そこで小児歯科にプラス、大人の方の治療を経験し、大人と子供の違いを身を持って体感し、とても貴重な経験だったと思っています。
2011年1月に『はなこ こども歯科クリニック』を開院致しました。
小児歯科という専門性を活かしたいと考え、開院するなら小学校の近くという希望を持っていたところ、縁あってこの地で開業しました。
最近では他医で治療出来ない子供たちや近隣の先生方のご紹介などの患者さんも増え、少しは地域に貢献できているかなと思います。

見えない部分にもこだわって、「清潔・安全・安心」を徹底

西野 華子 院長

「清潔」「安全」「安心」の3つの柱を基本として診療をおこなっています。
まず「清潔」ですが、医療機関として衛生面に最大の注意を傾けています。使った道具は全て消毒・滅菌処置をおこないます。処理を経た治療器具はお1人ずつワンセットにして密封し、患者さんの目の前で開封しています。少し専門的なことになりますが、大半のクリニックでは高圧蒸気減菌といって、131℃の熱で20分以上の時間を掛けて減菌をおこなう方法が一般的です。ですが、この処理の仕方ですと当然のことながら金属類しか扱うことが出来ません。プラスチック製品は熱で溶けてしまうんですね。
当クリニックでは広く用いられている高圧蒸気減菌に加えて、ガスを用いた殺菌処理をおこなっています。この方法であれば温度が抑えることが出来、全ての道具を清潔に使うことが可能になるんです。大学病院等ではどこでも用いられています。
衛生面というのは患者さんにとっては“見えない”部分でありますが、だからこそ力を注ぐべきところだと考えています。
次に「安全について」ということになりますが、小児歯科だからこそ、泣いてしまったり、暴れてしまったりと、予期出来ない行動から子ども達の身を守るために細心の注意を払う必要があります。そのためお子さんの手の届きそうなところに危ない薬品を置かない配慮からはじまり、治療中もお子さんの動きを見ながら器具を取り扱うなど気をつけています。

子ども目線、保護者目線で考え、安心の歯科医療を提供する

西野 華子 院長

3つの柱のうちの最後が「安心」になります。
まずは子供にわかりやすい言葉で説明をするということですね。根気よく説明を繰り返す年令に合わせた対応を心掛けています。加えて、治療前、そして治療中も親御さんへの説明が欠かせません。治療計画と共に、当院の診療方針について詳しく説明をし、納得していただいた上で治療をおこなっています。
例えば「注射」や「痛い?」という言葉を私はもちろん、見守る親御さんも使わないでいただけるようお願いをしています。注射と聞くと条件反射的に子供は怖がってしまうんです。注射器具等を子供の目に触れないように扱うのはもちろんのことですね。

歯医者さんにいる時間がなるべく楽しいものとなるよう診療室を歯医者さんぽくしないよう配慮はしていますが、そうであっても実際の治療は子供にとって楽しいことばかりではありません。ですから、その不快な時間を出来るだけ短くなるように心掛けています。
また、ご兄弟の有無等、生活環境を考慮することも大事な点です。お兄ちゃんを「歯医者に連れて行かなければ・・・」とは思っても、そういう時に限って下の子が熱を出してしまい、ベストのタイミングで連れてくることが出来ないというのは往々にしてあると思うんです。
だからこそ、治療にいらっしゃった時にはその時に出来る最大限の治療をおこなうようにし、なおかつ短時間で治療を終えられるよう心掛けています。

自らの体験をもとに、気軽に通える環境づくりを

当院スタッフは子育て中のスタッフも多くいます。
お子さんの治療でいらして、そのついでにお母さん自身を診ることも多々あります。小さいお子さんを連れているとなかなか医療機関に行けないケースが往々にしてあるんですね。私自身も子供がまだ小さい頃は子供が騒ぐのが申し訳なくて、医療機関に足が遠のいていました。
当クリニックではお母さんを診ている間、スタッフがお子さんをお預かりしたりしています。治療中はお母さんの傍に居ても良し、キッズコーナーで自由に遊んでも良し、騒いでもまったく構いません。お子さんをお連れの方はご予約の際、その旨をご連絡いただけますと助かります。どうぞお気軽にご利用ください。

これから受診される患者さんへ

開業当初、虫歯が多く泣き虫だった子が治療を終え親子でニッコリ帰る姿を見ているとこの仕事をして良かったと心から思います。
どうぞお気軽にクリニックをお訪ねください。小児歯科のスペシャリストとして、この地域のお子さんの健やかな成長に少しでも寄与していけたらと思っております。明るくやわらかなクリニックで皆様のお越しをお待ちしております。

※上記記事は2018.6に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

西野 華子 院長 MEMO

  • 出身地:神奈川県
  • 趣味・特技:水泳
  • 好きな本・愛読書:大地(パール・S・バック)
  • 好きなドラマ:ER、大草原の小さな家、ドクター・クイン
  • 好きな言葉・座右の銘:屈託なく生きる
  • 好きな音楽:ジャズ、ボサノヴァ
  • 好きな場所・観光地:ハワイ

グラフで見る『西野 華子 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート