宮前区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(宮前区)―

青山 裕美 院長/宮前平医院 歯科(宮前平駅・歯科)の院長紹介ページ

青山 裕美 院長

AOYAMA HIROMI

「歯を抜かない」歯科治療をベースに
地域のみなさまのお口の健康をサポート

日本大学歯学部を卒業後、口腔外科を専門に研鑽を積む。神奈川県や都内の歯科医院で経験を重ね、「宮前平駅」そばに開業。

青山 裕美 院長

青山 裕美 院長

宮前平医院 歯科

宮前区/土橋/宮前平駅

  • ●歯科
  • ●小児歯科
  • ●歯科口腔外科

自らの体験、医師である父の影響を受けて歯科医師を志す

青山 裕美 院長

子供のころに前歯が出ていたものですから、歯科医院で矯正の先生にお世話になっていました。とてもやさしく凛としたたたずまいの女医さんで、先生にお会いすることが待ち遠しくなりました。治療を受けているうちに幼心にも憧れを抱くようになったのです。また矯正の過程で、自分の歯が徐々にきれいに並んでいくことにもうれしさを感じるようになりました。そうしているうちに、女性の職業として歯科医を選ぶことを意識するようになりました。もうひとつは、整形外科医を営む父の影響です。学生時代から、隣にある父の整形外科医院で受付や投薬のお手伝いをしていましたが、患者さんの治療の進み具合を目の当たりにして、人を治す仕事の尊さも感じるようになっていました。
日本大学歯学部卒業後、口腔外科に4年間残って臨床に携わり、親知らずの手術や縫合、炎症で顔が腫れた患者さんの治療に当たりました。当初の夢を実現するため、矯正歯科の先生のところにも助手として通い、修行したのですが、やはり一般歯科で治療に当たりたいと考えるようになりました。その後は口腔外科の仲間がいる平塚の歯科医院で訪問診療を中心に3~4年、東京のビジネス街、神奈川県郊外の住宅地などにもそれぞれ数年間修行し、異なる層の患者さんを診察した経験を経て、今年5月にこちらで開業しました。
わたくしの強みは、修行時代にさまざまな症例の治療を経験させていただいたことです。高血圧や糖尿病などの持病をお持ちの方、半身不随の方の治療に当たるほか、やや難解な手術もさせていただきました。特に、通常ほっぺた側に生える「親知らず」が奥側にできていたり、骨に埋まっているケースはとても厄介でしたが、このような手術を何件もさせていただくうちに、プロセスや方針が立てやすくなりました。開業医となるとある程度のことは1人でこなせないといけませんから、とてもよい経験になったと思っています。

「歯を抜かない」治療をベースに、それぞれのケースでベストを尽くす

青山 裕美 院長

現在はできるだけ歯を抜かない方針で治療を行うのが主流で、抜かずに治療ができるような技術が進歩しています。ただしその方針がすべての症例に適しているわけではありませんので、ひとつひとつじっくり観察し、患者さんにとって不利益な歯は抜かせていただいています。
まず痛みを感じて患者さんがいらっしゃったとき、炎症を抑える治療を行います。そして経過を見て、お痛みが出るかでないかを見分けるわけですが、出る場合は当然抜歯の対象とします。また自分では磨けず結果的に悪くなってしまった歯も抜くしかありません。先ほど申しました「親知らず」も、患者さんがご自分で管理できませんので、やはり抜く治療をお勧めしています。

1人1人のペースにあわせて、子供たちの歯の健康を見守る

青山 裕美 院長

お子さんがいらっしゃるときは、歯科医院に慣れていただくことを最優先しています。はじめの一歩は「歯磨きトレーニング」です。鏡で見ていただきながら、正しい歯磨きの仕方を覚え、これに慣れていただきます。こうして、小さいうちからご自分でケアすることに興味を持っていただくのです。そのような形で実際の治療までワン・クッション置き、そこからいよいよ診察に入ります。
小さいうちは、歯科医院で白衣を見ただけで怖がることが多いので、診察が始まってもすぐに治療をせずに、しばらく経過を見ることもあります。虫歯などがある場合は、それ以上悪化させない措置を取ります。次に治療に抵抗がないお子さんには虫歯の治療を完了させていただき、定期的にメンテナンスを行います。メンテナンスとは、口の中の掃除、ポリッシングによるつや出しなどです。
いずれは専門医の先生をお迎えして、矯正歯科も診療科目に追加するつもりでいます。5月開業したばかりでお子さんの数が少ないこと、そしてわたしが日々多忙でなかなか矯正歯科の先生とお話をする時間がないので、現在はまだ実現の段階にありません。

お口の健康を守るため、毎日のケアを意識してほしい

「お口の健康」を守るために一番大切なことは、食後に歯を磨く習慣をつけていただくことです。そしてもうひとつ大切なことは、ご自分で磨けない場所や磨き方の欠点について知っていただくことです。ご自分の弱い点を知っていただくことは、虫歯の治療後のケアに大きな影響を及ぼします。意識してやるかやらないかで、その後の経過に大きな差が出てくるのです。ご指導をしたほうがよい場合は、鏡を一緒に見ながら歯間ブラシを使って重点的にクリーニングをし、やり方を覚えて帰っていただいています。
まずは気軽に掃除にいらっしゃることから始めていただき、さらにホワイトニングにご興味があれば試していただきたいと思います。歯の場合は、放置すると症状が進行してしまいますので、やはり日ごろケアが大切です。当院は8時まで開いておりますし、駅のすぐそばにありますので、仕事の帰りにでもお寄りいただけたらと思います。

これから受診される患者さんへ

診察で心がけていることは、「丁寧に治療すること」です。わたくしは速さより丁寧に治療することを重視しているため、このような治療法方にご賛同いただけた患者さんからは、ご家族をご紹介いただくこともあります。お話をお聞きすると、ご家族が受診された歯科医院はスピード優先で怖かったのだそうです。「ぜひ先生にやってもらいたい」と言っていただいたときは、この仕事をしていてよかったと思います。  
地域のみなさまには、定期的なクリーニングで歯を永く持たせるようにしていただきたいと思います。父が経営する整形外科にいらっしゃる患者さんも多く、助かっています。インテリアをやさしく落ち着いた雰囲気のもので統一していますので、若いお母さんお子さんにもいらしていただければ、うれしいです。

※上記記事は2014年2月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

青山 裕美 院長 MEMO

  • 出身地:神奈川県相模原市
  • 趣味・特技:ハイキング 高尾山などをよく訪れます
  • 好きな本:推理小説 特に「シャーロック・ホームズ」シリーズなど古典推理
  • 好きな映画:「プリティ・ウーマン」(1990年、米ウォルト・ディズニー・スタジオ)、「プラダを着た悪魔」(2006年、米20世紀フォックス)
  • 好きな言葉・座右の銘:一所懸命
  • 好きな音楽:クラシック
  • 好きな場所・観光地:鎌倉、箱根 もみじやあじさいを見に行きます

グラフで見る『青山 裕美 院長』のタイプ

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート